ワキガの原因とは?遺伝の確率やうつる可能性について

ワキガは主に体質が原因となり、強い臭いが発生する理由としては、アポクリン汗腺と呼ばれるものがワキに多く集まっているためとなります。
このアポクリン汗腺は人によって多い方と少ない方がいて、多い方のほうが臭いを強く発生させやすいです。

 

アポクリン汗腺はタンパク質と脂質が含まれた汗を分泌させ、それを皮膚の菌が分解することで臭いが発生しますが、生活習慣などによってもアポクリン汗腺が分泌される量が増えてしまいます。
原因としては、動物性タンパク質が多い食べ物や、脂質が多い食べ物を過剰に摂取してしまうことで、汗腺を刺激させてしまい、汗の分泌量が増えてしまうためだと言われています。
ストレスも同様に、分泌量が促されてしまいます。

 

ワキガと汗臭いの違い

ワキガと汗臭いにおいの違いとしては、汗の種類となります。
汗腺には2種類あり、アポクリン汗腺の他にエクリン汗腺と呼ばれるものがあります。

 

エクリン汗腺から分泌される汗はほとんどが水分となり、それ自体が臭いの元となるわけではありません。
エクリン汗腺から出た汗と同時にでる皮脂や古い角質が臭いの元となり、これを菌が分解させ臭いを発生させます。

 

この臭いが汗臭いとなり、ワキガの場合は、脂質やたんぱく質を含む汗を菌が分解することで汗臭いにおいよりも比較的強い臭いを発生させます。
この強い臭いを根本的に解消させるためには、手術をしてアポクリン汗腺を除去する方法しかありません。

 

ただ、臭いを抑える商品で対策を行ったり、生活習慣を改善することで臭いを緩和することは可能となります。

 

ワキガが遺伝するのは本当?確率は?

ワキガの原因の一つにアポクリン汗腺が多い体質が挙げられますが、こちらは遺伝によっても大きく関係していきます。
アポクリン汗腺の数は生まれてきた時から決まっており、両親のワキの臭いが強い場合は遺伝しやすいと言われています。

 

ワキガになってしまうと言われている確率としては、母親か父親のどちらかがワキの臭いが強いという場合は50%、母親と父親のどちらもという場合は80%の確率となっています。
なぜ確率が高いかというと、この退室は次の世代に伝わりやすいという特徴があるためとなります。

 

親から体質が伝わってしまったかがわかる時期としては、生まれてすぐにわかるのではなく、思春期の時期にわかるということが多いです。
理由としては、体の成長と共にアポクリン汗腺も活発になるためとなります。

 

思春期の次期にワキの臭いに悩んでいしまうという方も多いです。
体質が伝わることは防ぎようがないため、悩んでいるという方は、何らかの対策を見つける必要があります。

 

ワキガはうつるの?急になることは考えられる?

ワキガは遺伝するため、他の方からうつるという噂がありますが、体質であるため他の方にいきなりうつってしまったり、急にうつってしまうということはありません。
菌やウイルスが原因の症状は触れたり空気に漂って感染してしまう場合がありますが、ワキガの場合はアポクリン汗腺が原因となるので、直接触れても特に問題はありません。

 

ただ、ワキの臭いが強い方の衣服を借りた場合に一時的に臭いが強くなってしまうという場合があります。
ワキの臭いが強い方は、アポクリン汗腺から分泌される汗を分解する菌が繁殖している場合もあり、その菌が衣服に付着して、衣服を着た方のワキに住み着くことがあるためです。

 

アポクリン汗腺は誰のワキにも存在しているので、アポクリン汗腺の数が少ない方でも、菌が住み着くことによって分泌された汗を分解することで臭いが発生してしまう場合があります。
ワキガの方とそうでない方ではワキに存在する菌の種類が異なるため、菌がうつってしまうことで臭いが発生するということもありえるのです。

 

ただ、分解する菌がうつると言っても、うつってしまった菌はうつってしまった方の皮膚では長く住み続けることができないため、数時間、数十時間後には除去されてしまうため、安心して良いでしょう。